topaboutblogclassicaljazzpopsjpopselect
S
カルロス・クライバー指揮バイエルン国立歌劇場
リヒャルト・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」全曲

ディスク

Tower Records
Amazon

Carlos Kleiber
Richard Strauss:
Der Rosenkavalier


輸入盤、Orfeo
録音:1973年7月13日
ミュンヘン、バイエルン国立歌劇場
3枚組

普通の3枚組のプラケース。

ブックレットには英語やドイツ語のあらすじがあるだけ。歌詞は載っていない。
「It's like a greeting from heaben」と題されたDr Marko Kleiberのライナー。この人はクライバーの息子さんらしい。
あと「ばらの騎士」の舞台写真が少々挿入されている程度。

ジャケットはたぶんクライバーの書き込みした楽譜でしょう。クレジットに「Archiv Carlos Kleiber」とあるので。

クライバーのお蔵出し音源、最高の贈り物

 これはカルロス・クライバーが1973年にミュンヘンで上演した歌劇「ばらの騎士」のライヴ録音です。クライバーの「ばらの騎士」はDVDでは観ることができるものの、CDとしてはリリースされていなかったと思います。ゆえに海賊盤を求めるファンも多かったはず。
 それがなんとオルフェオから蔵出し音源としてデジタル・リマスタリングされ、SACDハイブリッドでリリースされています。最高の贈り物です。

リヒャルト・シュトラウス、堪能のオペラ「ばらの騎士」

 「ばらの騎士」は、19世紀から連綿と続いたクラシック・オペラの最後に咲いた花でしょう。
 リヒャルト・シュトラウスというと交響詩が有名ですが、このオペラも大変すばらしいものです。オペラ入門者に薦めることはできませんが、すこし聴いてきた方なら、気に入っていただけること請け合いです。
 オペラは、冒頭のまばゆいばかりのホルンの雄叫びから、官能的でゴージャスな音に包まれます。
 クライバーの指揮は、はちきれんばかり。おおっ、とくる。第2幕の冒頭や第3幕冒頭でも、オーケストラとともにテンションの高さを聴かせてくれます。この部分、あのベートーヴェンの第4番のレコードと共通する“クライバーだ!”ですね。

 もちろん、ミュンヘンの「ばらの騎士」の、完璧な歌唱陣も聴かせます。 元帥夫人の愛人、オクタヴィアンにはファスペンダー。中性的なこの若者を、ゆれうごく心情を披露しながらも芯のある存在として聴かせてくれる。“ズボン役”として見事であります。
 オクタヴィアンと恋仲になるゾフィーにはルチア・ポップ。そしてゾフィーにまとわりつく好色な男爵オックスにはリッダーブッシュ。有名どころが揃っております。
 「ばらの騎士」の音楽は、ワグナー風のエモーショナルな音楽でありながら、どこか人工的な感じがします。
 シュトラウスのあまりにも巧い職人技がそうさせている気もしますが、それはあくまで表面的なもの。職人でしか書けない巧みなメロディーにはやはり魅力があります。最終の元帥夫人、オクタヴィアン、ゾフィーの三重唱などは、その最たるものでしょう。

SACDとしては十分でないが、クライバーを聴くには十分な音質

 このSACDの音質は73年の劇場でのライヴ録音ですから、他のSACDで聴く最新録音のクラシックの音にはおよびません。音質は硬め。
 マルチチャンネルも広がりを出すのはいいのですが、拍手を含めて臨場感を出すところまでいかず中途半端な気もします。
 オーケストラの広がりはスピーカーの間隔に収まる程度。声楽にくらべて奥で鳴っている印象です。オケピットに入っているからでしょうか。

 これらは音源が音源ですからしょうがないでしょう。その反面、73年のライヴ録音としては、いいところも沢山あります。
 音質はハイファイとはいかないまでも、オケの音だって不満がでるほどではない。
 オケは引っ込んでいるが、声楽は前面にのびのびと出てきます。声も太くていい。声楽は十分満足です。歌手の衣擦れや移動する音もすべて録られ、そういう意味でライヴの“臨場感”もすごく伝わります。
 そしてなにより、“クライバーの噴出”をステレオ録音のオーディオとして堪能できる。このクオリティはキープしてありますのでご安心を。

 本SACDは輸入盤ですので、歌詞および対訳は載っておりません。原語の歌詞もなし。よって「ばらの騎士」を初めて買われる方は対訳本があったほうがいいと思います。
 もし別の指揮者のCDを持っている方も、いつかこのSACDを聴いてもらいたいものです。クライバーの「ばらの騎士」はここでしか聴けません。

ディスク

Tower Records
Amazon

クライバーのSACD
ヴェルディ:「椿姫」全曲
70年代の名盤! 品薄のため、早めに買うのがベター。マルチも収録。
SACDラボ♪♪レビュー
Symphonies 5 & 7 (Hybr)
ウィーン・フィルとのベートーベン第5番と第7番。名盤。マルチも収録。
SA-CDラボ♪♪レビュー
Beethoven: Symphonie 7
バイエルンとのライヴ。マルチチャンネルも収録
SA-CDラボ♪♪レビュー
ニューイヤー・コンサート1992
クライバーでウィンナ・ワルツを。国内盤。
SA-CDラボ♪♪レビュー
2009.10.30