トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜

 

SACD Lab Ranking 2012 July - December
2011年後半ランキング
SACDラボ♪♪経由でAmazonで注文されたソフトのランキングです。(集計期間:2012年7月1日〜12月20日)
今年後半はBlu-ray、Blu-rayオーディオのソフトが出てきました。それも超ビッグ・アーティストのタイトルです。来年もこの流れが続いてほしいと思います。
〈年間ランキング〉は右をご覧ください。
1位
No1

数年間、SACDラボ♪♪で好評を受けてる本ソフトが、今回も1位になりました。今回の特徴は、2位の約2倍となり、独走状態になったことです。右にあげた2012年〈年間ランキング〉でも、当然ぶっちぎりの1位でした。
Amazon

2位
No2
長い間『アフロ・ブルー』と1位争いを続けてきた怪物ソフトも今回は大差で2位に。人気アーティストにもかかわらず輸入盤はお安いです。集計は国内盤と輸入盤を足したものですが、輸入盤が圧倒的に多いです。
Amazon(輸入盤) Amazon(国内盤)

3位
No3
下半期も、上半期と同じ3位となりました。安定しています。2位のノラ・ジョーンズとは2枚少ないという微差でした。
Amazon

4位
国内盤なのに、ほんと、ずっと安い。今回も堂々4位です。2位から4位までが混戦でした。
Amazon

5位
B008FVZHTA
Mobile Fidelityからの本作。発売された7月と8月で、あっという間に枚数を積み上げていったのが分かります。ビリー・ジョエルは人気がありますね。下半期のランキングには、ビリー・ジョエルのMobile Fidelity盤がすべて入っています。
Amazon

6位
B0052VI2V6
ツェッペリンだから当然ですが、これも爆発力がありました。11月と12月だけの発売でランクイン。
Amazon

B008HHTE64
『ストレンジャー』と同時発売のMobile Fidelity盤。ビリー・ジョエルの名盤。ソニーからのSACDが手に入りにくくなったところでもあり、人気となりました。
Amazon

B0052VI2V6
まるで昔のジャイアンツや大鵬のように、Amazonではいつも人気のSACDも、SACDラボ♪♪では6位に甘んじております。しかし年間ランキング(右欄)では、堂々5位です。
Amazon

7位
B0052VI2V6
ニール・ヤングで、Blu-ray Audioへのアレルギーがなくなったところへ飛び込んできたビッグタイトルでした。12月の発売なのに、たちまちランクイン。この時点では、みなさんAmazon UKへの注文でした。
Amazon  Amazon UK

8位
B0052VI2V6
これも今年忘れられない1枚。SACD陣営のSONY UKから、DVD-Audioがリリースされるという、数年前にはありえなかったことがおこったのもビックリしました。
Amazon

9位
B0052VI2V6
『タルカス』と甲乙つけがたい作品。これもリーズナブルでよかった。
Amazon

10位
B0052VI2V6
キング・クリムゾンの名作オリジナル・アルバムよりは地味なのですが、夏に発売され人気になりました。今年発売のポップス高音質盤は、DVD-AudioかBlu-ray Audioという流れでした。
Amazon

11位
B0052VI2V6
これはCDですが、ジョニ・ミッチェルのBOXセットが、高音質盤のなかにランクイン。CDといえども、素晴らしい内容が高音質ファンにアピールしたのでししょう。SACDラボ♪♪もSACDラボ♪♪自身が選んだ今年の12タイトルに選んでいます。
Amazon

かつてのランキング常連盤が消えていくなかで、いまだに人気を保っております。それも国内盤でがんばっているのですから、すごいと思います。年間ランキングは6位。
Amazon

 12位
知名度バツグンのタイトルばかりの2012年後半期でしたが、このジャズ高音質盤は上半期に続き、後半期でもランクイン。年間ランキングでも10位です。数あるEighty-Eight'sレーベルのなかで、SACDラボ♪♪では本作が人気です。
Amazon

 13位
長い間、数枚をランクインさせていたビル・エヴァンスも、今回はこの1枚になってしまいました。『ワルツ・フォー・デビー』も入っておりません。他のビル・エヴァンスのSACDに比べて、価格が安いことも人気の原因だと思います。
Amazon

 14位
B00920QMLA
おまちかねの『太陽と戦慄』は、12月にようやく発売されたばかりなのに、ランクイン。予約で相当注文が入っていたのでしょう。驚いたのは、この「DVD-Audio+CD」パッケージと同じくらい「13CD+DVD-Audio+Blu-ray」パッケージを購入された方が多いこと。クリムゾンはコアなファンが多いことを改めて実感しました。
Amazon

15位
これも11月発売、そして目新しいBlu-ray Audioにもかかわらずランクインしました。 オーディオ・ファイルは新しい媒体には躊躇するものですが、Blu-ray Audioへの突破口になった気がします。音楽もよかったし、価格が安かったのも理由。
Amazon

 
昔からの常連盤が、ここに出てきました。このジャケットを見ないとやはり寂しい(笑)
Amazon

16位
B008MZPUYG
ここにもビリー・ジョエルのMobile Fidelity盤。『ストレンジャー』や『ニューヨーク52番街』より下なのは、単純にアルバムの人気度を反映していると思います。
Amazon

17位
B0052VI2V6
オペラのBlu-rayのリーズナブル盤(第3弾となりますか)。いまや千円を切って、名歌手の映像が堪能できるのですから、信じられない時代になったものです。日本語字幕があるのもグッド。
Amazon

18位
ダイアナ・クラールとならび、ヒラリー・ハーンもこのタイトルがランクイン。昔からの常連です。グラモフォンは、ほかのアルバムもSACDでリリースすれば、売れるのになあ、といつも思います。
Amazon

19位 
根強いクラプトン人気。同じ頃リリーすされたポップスSACDは、おおかた売り切れか、ランキングから出たのに、まだまだ売れ続けます。
Amazon

20位
B00824IVXE
ニール・ヤングが突如リリースしたBlu-ray Audio。思い返せばこれが、Blu-ray Audioの始まりかもしれません。これも良さそうです。
Amazon

 
またダイアナ・クラールです。くつろぎの1枚。
Amazon

21位
B008RTJQI8
ここにもビリー・ジョエルのMobile Fidelity盤。これもアルバムの人気度が順位に比例している気がします。
Amazon

 
B008MZPUO6
『マイルストーンズ』がMobile Fidelity盤で発売。ソニー盤も現役なのに売れるのは、やっぱりMobile Fidelityのブランド力でしょう。
Amazon

B00006GO7A
五嶋みどりの輸入盤SACDです。上半期に続きランクインしました。千円を切る価格が原動力でしたが、現在は値上がりしているようです。
国内盤SACDラボ♪♪レビュー
Amazon

22位
B008EGQA2O
これもMobile Fidelity盤。ボブ・ディランのこの『地下室』は、ソニーからもSACD化されておりませんので、初SACD化となりました。
Amazon

ポップスの古いSACDで、今もランクインするものは少なくなりました。生産中止のものも多くあります。本作はマルチチャンネルも収録しているし、ベスト盤なのが期待を裏切りません。
Amazon

23位
ひと昔前はジャズのみならず、SACD界でも人気盤だった本作。上半期はランキングから消えましたが、後半期で復活しました。
Amazon

ピアソラもいったんランキングから消えて、ふたたび復活。こいうのがスタンダードになるんでしょうね。
Amazon

24位
B000YPWBQ2
ここでレビューをしていないクラシック、それも現代音楽がランキングするのが、今回一番の事件です。 大物ソフトが拮抗するなかでよくぞランクインしたものです。最初は価格が千円以下だったこともありますが、それだけで、ここまで人気になるとは思えません。やはり作曲家ペルトの人気を物語るものだと思います。
Amazon

B0085AXUE0
モーツァルトの後期交響曲にくらべて、知名度はまったく落ちる初期交響曲ですが、ランクインしました。パッケージもなんか、いいんですよね。もちろんマリナーのモーツァルト、懐かしの演奏も理由だと思います。
Amazon

CSN&Yで知られるグラハム・ナッシュのソロ。このDVD-Audioはずっと以前のものですが、「掘り出し物」という感じで、Amazonから見つけました。そんなところが人気になったのかもしれません。
Amazon

B0065MJ7RO
ピンク・フロイドの『炎』も、昨年SACD化されて以来、ずっとランクインを続けています。 『狂気』のSACDもずっとランキングされているし、怪物ソフトですわ。この『炎』以降、ポップスのSACDがパッとしないのが気がかりです。
Amazon

24位
B008P76UKE
ロリン・マゼールが編曲したワーグナーの〈ニーベルングの指環〉のハイライト曲のベルリン・フィルとの2000年のライヴ。これも千円を切る、超おトクなBlu-rayでした。音源は、2chがPCM、サラウンドはDTS-HD Master Audio。
Amazon

B009AJDET6
これはCDです。シカゴの1stからオリジナル・アルバム10枚を収録した、おトクなCDBOX。
Amazon

  
高音質のEighty-Eight'sの一枚。これも毎回ランクインしております。
Amazon

 
フルトヴェングラーのSACDは消えるのに、これはランクに残ります。このソフトの人気の秘密、こちらも知りたいところです。
Amazon

アルバムジャケットを見るだけで、ロックのスタンダードって思ってしまいます。ずっとランキングに入っているポップスSACD。
Amazon 

2012年上半期の話題だったEMI輸入盤。後半期ではこれがランキングインを維持しました。いい企画だったなあ。続編を出してほしいものです。
Amazon

25位
クラシックでは長く売れているSACD。BOXなのに割安感があります。不動と思ったクライバーのSACDが、今回はランキングからもれておりますので、カラヤンだけががんばります。
Amazon

B0001K9IJ8
ダイアナ・クラールの3枚目です。例の最新作も、SACDでリリースすれば、売れるのになあと思ってしまいます。
Amazon

B0001K9IJ8
しばらくランキングからはずれていた拓郎が、再びランクイン。中島みゆきのSACDのように、価格がめちゃくちゃ安くなったわけでもないのですが、人気が盛り返してきました。
Amazon

高音質ファンには根強いSACD。しっかりキープしました。
Amazon

 
いったい、どこまで売れ続けるのでしょうか? SACDマルチチャンネルが世に出て、すぐに発売されたのに、ずうっとランクインしているのですから。
Amazon(国内盤)  Amazon(輸入盤)

次回2013年1月〜6月ランキングをお楽しみに!

過去のランキング
2012年前半
2011年の後半前半
2010年の年間前半
2007年~09年