topaboutblogClaJazzpopsjpopselect
S
SACDhybrid M.Sasaji & L.A,Allstars
アフロ・ブルー


アフロ・ブルー
M. Sasaji & L. A. Allstars

Amazon
Tower Records

Stereo/Multi-ch DSD Recording
〈音匠仕様〉
録音2002年
国内盤、ソニーミュージック

コルトレーンのMoment's Noticeや、ガーシュインのSummertime、スティーリー・ダンのBabylon Sistersなど、10曲収録。

普通のプラケースにブックレット。解説がある。ディスクは緑色の「音匠仕様」になっている(下写真)。これによって音質がさらに良くなった。

今聴いてもすごい、高音質ディスク

 これは笹路正徳アレンジを、L.A.トップミュージシャンによるビッグバンドで演奏したSACD。前作『バードランド』の続編となるものです。前作も高音質でしたが、『アフロ・ブルー』はさらに高音質です。
 よく「いい音のSACDを聴きたいんだけど、オススメはなに?」と訊かれることがあります。そんな時はいつも、この『アフロ・ブルー』を上げることにしています。
 もう何年も前のSACDで、他にもSACDはたくさん聴いているわけですが、やはりこのディスクを薦めてしまいますね。このSACDは「音が良いのが、誰にでも伝わるだろう」と思うからです。
 1曲目コルトレーン作の「Moment's Notice」が鳴った時から、理屈をすっ飛ばして、「ガーン、いい音だぁ」と身体が反応すると思います。「これがSACDの、音と空気感ダヨ」と薦められるわけですね。

コンテンポラリーなアレンジと、白熱のDSD一発録りライヴ

 曲と演奏がいいのも、気に入っている理由です。
 笹路正徳のアレンジには、前作同様ホレボレしてしまう。ビッグバンドのアンサンブルが、こんなにエキサイトするなんて。
 コルトレーンやハンコック、ストレイホーンの名曲を、4ビートもフュージョンも両方ありのコンテンポラリーなアレンジで聴かせてくれます。
 録音は、L.A.のスタジオに100人ほど知り合いを招き、オーディエンスを前にライヴ収録したもの。それをDSDレコーディングで、オーヴァーダビングなしの“一発録り”したのですから、演奏と臨場感は申し分なしです。

 ステレオでもマルチチャンネルでも、オーディオ的にはどちらも満足できると思います。マルチチャンネルでは、空間の抜けは透明で、そこにビッグバンドのすごい音が鳴る。アットホームな拍手が後方から包みこむ。

音匠仕様、ハイブリッド盤で再発売

 初回発売時はSACD専用ディスクでしたが、音のいい「音匠仕様」、ハイブリッド盤で再発売されました。旧盤より音がワンランクやわらかく繊細に思える。オススメです。


AFRO BLUE

Amazon
Tower Records

〈音匠仕様〉のSACD・レビュー まとめて見るにはこちら
M.Sasaji & L.A.Allstars/バードランド〈音匠仕様〉
ビッグバンドのアレンジの面白さを堪能。ハイブリッドで再発売。
Amazon
M.Sasaji & L.A.Allstars/アフロ・ブルー〈音匠仕様〉
音がいい。白熱のDSD一発録りライヴ。ハイブリッドで再発売。
Amazon
アラン・ホールズワース/ALL NIGHT WRONG〈音匠仕様〉
カリスマ・ギタリスト、ホールズワースの公式初ライヴ。
Amazon
バリ・ガムラン・ミュージック~スローライフへの誘い〈音匠仕様〉
バリ島でガムラン、ケチャをDSDレコーディング。
Amazon
RYNX/re〈音匠仕様〉
フルート4本が、まるでひとつの楽器のように。サラウンドも最高。
Amazon
藤田恵美/camomile Best Audio〈音匠仕様〉
高さも再現するマルチチャンネル収録のベスト盤。
Amazon
2008.4.10