トップページSACDとは?プログクラシックジャズポップスJポップス新譜

 

SACD Lab Ranking 2013 January - June
2011年後半ランキング
SACDラボ♪♪経由でAmazonで注文されたソフトのランキング。 (集計期間:2012年12月21日〜2013年6月30日)
2013年前半は、SACDが海外盤、国内盤ともビッグタイトルがなかった気がします。そのかわりBlu-ray Audioが存在感を増してきました。Blu-ray Audioが今後どこまで伸びるか。またSACDの盛り返しがあるのか興味深いところです。

1位
No1

毎回ランキングで1位になっているので、正直新鮮みは薄いのですが、反面、新たに買い求める方が多いのに感動もします。2位を離してブッチギリの1位。
Amazon

2位
No2
イエス『危機』がSACD化。一躍2位に出ました。 今年前半では唯一のビッグタイトル。イエスは今年後半もSACD化が予告されており、楽しみであります。参考(別ウィンドウ)SACDBOXの記事サラウンド化の記事
Amazon

3位
No3
長い間の1位争いタイトルも2位に水をあけられての3位。でもいつもベスト3に入るのですからさすがです。
Amazon(輸入盤) Amazon(国内盤)

4位
これまたランキング上位の定番タイトル。今回はイエスに押されましたが4位はキープ。
Amazon

5位
前回に続き5位です。このSACDは、価格がべらぼうに安くなってから、上位に定番化するタイトルになりました。
Amazon

B0052VI2V6
前回につづき手堅く5位をキープ。ストーンズ人気はもちろんですが、Blu-ray Audioがオーディオ・マニアにとって一般化してきたのでしょうか。
Amazon 

6位
人気SACDソフト。前回はやや下位に甘んじましたが、今回は再び上昇。ビッグタイトルがないと、このソフトのような定番化タイトルは強いです。
Amazon

7位
B0052VI2V6
これも定番ソフトにふさわしいとSACD。曲もいいしね。
Amazon

8位
前回18位から8位へと上昇。ビッグタイトルがなくなると、やはり強い定番ソフトのひとつです。
Amazon

9位 
いまでは複数ランクインするのはダイアナ・クラールくらいでしょう。これまた定番ソフトのひとつ。
Amazon

 10位
Eighty-Eight'sレーベルのなかで、SACDラボ♪♪では人気のタイトル。これも人気が落ちるようで落ちません。その理由は正直SACDラボ♪♪にも分かりません。
Amazon

11位
B0052VI2V6
冨田勳の新作がここです。もうちょっと上位でもいいと思うのですが。今年前半では印象に残ったタイトルでした。
Amazon

B0052VI2V6
Blu-ray Audioです。2013年グラミー賞で「ベスト・サラウンド・サウンド・アルバム」を受賞しただけに人気。アルバムとしてもパトリシア・バーバーのなかでもベストのものでした。
Amazon

 12位
ビル・エヴァンスの名盤なのに、お手頃な価格が人気の原因と思います。他のジャズSACDもこれくらい安かったらうれしいのですが。
Amazon

13位 
ポップスのSACDではポリスのベスト盤とならんで定番化しているタイトル。ポップスのSACDは限定が多い中で、ずっと発売されているのが理由かも。
Amazon

14位
B000GPI2CM
LinnのSACDサンプラーが初のランク入りです。価格が安いこともあるでしょうが、内容はよさそうです。サラウンド派の方はチェックしてみてください。
Amazon

SACDでは人気のダイアナ・クラール。これも定番化タイトルのひとつ。
Amazon

15位
SACDのジャズでの定番ディスクながら前回は下位におりましたが、上昇してきました。
Amazon

16位
これもクラシックSACDのロングセラー。カラヤンのもっとも人気の高い最初のベートーヴェン全集。 セット組なのに価格がリーズナブルなところも人気の理由。
Amazon

17位
B00A93ENX8
イエス『危機』と同時発売でAudio FIdelityからリリースされたSACD。プログレ・ハードロック・バンド、ラッシュのアルバムがランクインです。
Amazon

18位
昨年SACD界を席巻したEMI輸入盤クラシックも、さすがに影を潜めましたが、このアルバムだけは根強い人気で前回に続きランクイン。いいアルバムだからなあ。EMIには続編を期待してます。
Amazon

B0052VI2V6
これはCDです。ジョニ・ミッチェルのBOXセットが、前回に続きランクイン。CDで連続ランクインとは驚き。でもとてもいいセットだと思います。
Amazon

前回に続き連続でランクイン。ロックでニューアルバムをBlu-ray Audioで出したニール・ヤングの“オーディオ心”がうれしいです。
Amazon

19位
B00CNEVHMG
『危機』に続くイエスのSACDリリース『究極』がランクイン。発売は延々と伸びてついこのあいだ手許に届いたばかりなのですが、予約が多かったのでしょう。イエスは人気がありますねえ。
Amazon

20位
かつてはSACDの定番だった本作もしばらくランク外でしたが、今回は再びランクインしました。やっぱりビッグタイトルがないと、こういう定番SACDがでてくることになりますね。
Amazon

 
言うまでもないSACDマルチチャンネル御用達ソフト。ずっとランクインしています。ずっと新しいSACD『Wish You Are Here』がランク外にもれたのに。やっぱ『狂気』は怪物アルバムです。
Amazon(国内盤)  Amazon(輸入盤)

ポリスのこのベスト盤も毎回ランキングで地固めをしております。
Amazon

 
リヴィングステレオの名盤。これも確実にランクインしてきます。
Amazon

21位
B008P76UKE
Pentatoneからヤノウスキのワーグナー・シリーズ〈ラインの黄金〉がランクインしました。高音質ということもありますが、予約時に2枚組で千円台という価格が人気の理由だったと思います。
Amazon

B008P76UKE
ロリン・マゼールが編曲したワーグナーの〈ニーベルングの指環〉のハイライト曲のベルリン・フィルとの2000年のライヴ。音源は、2chがPCM、サラウンドはDTS-HD Master Audio。前回に続きランクインです。
Amazon

SACDマルチチャンネルまでチェックできるソフト。定番ソフトながら、ランクから外れておりましたが、今回再びランクイン。SACDを始める人が増えたのでしょうか?
Amazon

B0001K9IJ8
ダイアナ・クラールは根強いです。このアルバムも相変わらずのランクイン。
Amazon

22位
B0052VI2V6
英国の女性シンガー、ジュリア・フォーダムのSACDが初のランクイン。SACDラボ♪♪レビューに書いたからでしょう。実を言うと、持っている全SACDの中で、一番聴く回数が多いSACDです(^-^)。曲が好きなんだなあ!
Amazon

これまた根強い定番SACD。上位にはいかないのですが、ランクからはずれたことがありません。
Amazon 

高音質のEighty-Eight'sの一枚。これも毎回ランクイン。
Amazon

ピアソラのSACDも、発売時から落ち着きましたが、またランクでは安定して入るようになりました。
Amazon

23位
DVD-Audioで、地味なタイトルだと思うのですが、前回に続きランクイン。良い物はやっぱり良い、ということでしょう。
Amazon

B00B125QRS
これはCDです。ヴァン・ヘイレンの6枚のアルバムを収めたBOXセットがランクイン。ジョニ・ミッチェルと同じくこれもCDなのですが、価格が安いおトクセットです。
Amazon

第24位
かつての定番のソフト、それも上位にいたソフトが、前回ランク外になったのは残念でしたが、今回はかろうじて復活しました。みんな持ってしまっているのでしょうか。
Amazon

 
これもクラシックの人気SACD。前回はビッグ・タイトルに押されてランク外でしたが、また戻りました。
Amazon

B0001K9IJ8
これはランク上位にはいかないものの、毎回ランクインする人気ソフトです。
Amazon

 
B004OKFIZE
ビートルズのDVD-Audioがひさびさにランクに戻ってきました。最近のBlu-ray AudioやDVD-Audioでのポップスのリリースに乗ったのでしょうか。
Amazon

B001LOR3L8
レビューはなくブログに書いただけですが、なぜか人気のあったSACDです。高音質のTelarcからリリース。価格は普通だと思うのですが、なぜか人気になりました。
Amazon

25位
B0052VI2V6
前回に続き、かろうじてランクイン。高音質ソフトというより、ブルーレイの映像ソフトですが、やっぱツェッペリンは人気です。
Amazon

B0052VI2V6
これもかろうじて連続ランクイン。クリムゾン・キングのDVD-Audioがランク外になったので、EL&Pには頑張ってほしいものです。
Amazon

次回2013年7月〜12月ランキングをお楽しみに!

過去のランキング
2012年後半
2012年前半
2011年の後半前半
2010年の年間前半
2007年~09年